湿度感覚シミュレーション

2009.11 大塚いわお


触覚では、皮膚相当の壁に当たる、一定時間当たりの粒子の個数に比例~双曲線で、よりウェット=湿度が高いと感じられる。
視覚では、目に飛び込んでくる、一定時間当たりの粒子の個数に比例~双曲線で、よりウェット=湿度が高いと感じられる。
聴覚では、耳に飛び込んでくる、一定時間当たりの音の個数に比例~双曲線で、よりウェット=湿度が高いと感じられる。

粒子の速度が大きいと沢山当たる。速度が小さいと少ししか当たらない。同じ粒子数では高温の方が湿度が高いと感じられる。

粒子の数が多いと沢山当たる。数が少ないと少ししか当たらない。


圧力が高いほど、湿度が高い。圧力と湿度は比例~双曲線の関係にある。
同じ分子数なら、体積が小さいほど、温度が高いほど、圧力が高くなり、湿度が高くなる。


トップページに戻る