湿度知覚に関する既存の文献

2006.05 大塚いわお


[1]湿度感覚の心理的特性

<コメント>

湿りの知覚メカニズムについては、1920年代の昔から散発的に研究されている。しかし、研究の数は多いとは言えず、余り関心を持たれていないようである。また、物質のどのようなパターン刺激が人間にウェットな感覚を生み出しているかについては、解明されていない。

<歴史的研究>

○ねばねば、粘着感 stickiness
Zigler, M. J. An Experimental Study of the Perception of Stickiness.American Journal of Psychology , 34 , 73-84 , 1923
→The perception was analyzed into a "pull" phase, which was a dull, deep-seated pressure and which was only an incidental part of the experience, and a "breakaway" phase, which was the essentially sticky part of the experience. The "breakaway" phase consisted of a field of light contact or pressure points, whose attributes showed determinate characteristics; the intensity of the light pressures or contacts showed a gradual increase and then a rather sudden decrease to a low or zero level of intensity; the duration of every sticky point in the field was noticeably sustained; and the point of maximal clearness shifted constantly and rapidly among the different pressures or contacts constituting the pattern. The "pull" without the "breakaway" failed to give the perception, and was frequently confused with a pressure.
ねばねば感は、引っ張って皮膚を持ち上げる段階と、その次の突然離れる、切れる段階に分かれる。引っ張るだけでは不足で、ちぎれて切れる方がより本質である。


○べとべと感 Clamminess
Zigler, M. J. An Experimental Study of the Perception of Clamminess. American Journal of Psychology , 34 , 550-561 , 1923
→Clamminess proved to be a complex tactual perception consisting of cold and softness so combined as to give rise to a simple sensory perception of moisture together with a central or imaginal component of unpleasantness which attaches to associative connotations of rather definite kinds of stimulus-objects.
冷たく湿った、べとべと感は、冷たさ、ソフトさ(この2つが湿り感覚を生む)と、不快さの想像とが合わさって生まれる。


○湿度感覚への手がかり
Lauterbach, C. E.; Crouser, R. E.. Sensation cues to moisture. Journal of Experimental Psychology, 16 , 328-338 , 1933
→(1) temperature is a moisture cue in the case of many, but not all, individuals; (2) moist is not necessarily a blend of touch and cold, but may be a blend of touch and warmth as well; (3) it is possible that other cues such as density, capillary attraction, and evaporation are often interpreted as concomitants of wetness.
温度が湿度への手がかりとなることが多い。濡れ感覚は、触覚と温かさの混合である。濃さ、毛細管引っ張り現象、蒸発が、ウェットさに付随する。


○不快指数
Thom, E.C. (1959). The discomfort index. Weatherwise 12:57-59.
Bosen, J.R. (1959). Discomfort index. Reference data Section, Air Conditioning, Heating, and ventilating.
快適な温度、湿度の関係を計算する式の提唱。 高温多湿は不快である。




<最近の研究>

○濡れ感覚の心理学的特性
Li Y.Perceptions of temperature, moisture and comfort in clothing during environmental transients.Ergonomics. 2005 Feb 22;48(3):234-48.
→The perception of dampness appears to follow Fechner's law more closely than Stevens' power law with a negative relationship with skin temperature, and is nonlinearly and positively correlated with relative humidity in clothing microclimate.
濡れ感覚は、Stevensの法則よりも、Fechnerの法則に従う。皮膚の温度と反対の関係にある。衣服内の相対湿度に比例する。


[2]空気の品質、快適さと湿度(空調、エアコンとの関係)

<コメント>
空気に湿度をある程度持たせることが、人間の皮膚や目等の渇き、かゆみの症状や、SBSの発生を抑えるのに必要であるとされている。ただし、空気の湿りは悪臭や風通しの悪さにもつながるとされる。


○空気の品質Air Qualityと空気中の湿度 オフィス
Reinikainen LM, Jaakkola JJ, Seppanen O.The effect of air humidification on symptoms and perception of indoor air quality in office workers: a six-period cross-over trial.Arch Environ Health. 1992 Jan-Feb;47(1):8-15.
The primary outcome--dryness symptom score--was characterized by dryness, irritation or itching of the skin and eyes, dryness or irritation of the throat, and nasal dryness.The dryness symptom score was significantly smaller during the humidified phase than during the reference phase (paired t test; p less than .05). Allergic symptoms that were considered as a separate outcome, a sensation of dryness, and draft were also significantly less frequent during the humidification phase (p less than .05).
人間にとってドライさの症状は、皮膚や目の渇き、痛み、かゆみ、喉の渇き、刺激、および鼻の渇きとして現れる。アレルギー症状や渇き、水の摂取行動は、空気の湿度が高いと減少する。室内では、ある程度湿度があった方がよい。

○室内加湿によるSBS防止
Nordstrom K, Norback D, Akselsson R.Effect of air humidification on the sick building syndrome and perceived indoor air quality in hospitals: a four month longitudinal study.Occup Environ Med. 1994 Oct;51(10):683-8.
air humidification during the heating season in colder climates can decrease symptoms of SBS and perception of dry air.
冷える季節での室内加湿は、SBS(sick building syndrome)と渇き症状を減らすのに役立つ。


○オフィスでのSBS防止
Fang L, Wyon DP, Clausen G, Fanger PO.Impact of indoor air temperature and humidity in an office on perceived air quality, SBS symptoms and performance.Indoor Air. 2004;14 Suppl 7:74-81.
Perceived air quality (PAQ), sick building syndrome (SBS) symptoms and performance of office work were studied in a real office space at three levels of air temperature and humidity and two levels of ventilation rate (20 degrees C/40%, 23 degrees C/50%, 26 degrees C/60% RH at 10 l s(-1) p(-1) outside air, and 20 degrees C/40% RH at 3.5 l s(-1) p(-1) outside air).Performance of office work was not significantly affected by indoor air temperature and humidity. However, several SBS symptoms were alleviated when the subjects worked at low levels of air temperature and humidity, which implies that a longer term exposure to low indoor air temperature and humidity might help to improve the performance of office work.
温度20~26℃、湿度40~60%のオフィス環境では、温度、湿度が低めだと、SBSが起こりにくい。

Reinikainen LM, Aunela-Tapola L, Jaakkola JJ.Humidification and perceived indoor air quality in the office environment.Occup Environ Med. 1997 May;54(5):322-7.
Humidified air was found to be more odorous and stuffy (paired t test P = 0.0001) and less acceptable than the non-humidified air (McNemar's test P < 0.001).
An untrained panel of 20 members is able to differentiate a slight malodour and stuffiness in indoor air. The results suggest that steam air humidification decreases the perceived air quality. This effect is strongest in women and young subjects.
→湿度の高い空気は、悪臭のする、風通しの悪い感じをもたらし、人間(特に女性と若者)にとって、空気の品質の低下につながる。


上気道炎症等の起こりにくさと湿度
Reinikainen LM, Jaakkola JJ.Significance of humidity and temperature on skin and upper airway symptoms.Indoor Air. 2003 Dec;13(4):344-52.
Skin dryness and rash, pharyngeal dryness, and nasal dryness and congestion are alleviated in higher humidity. Steam humidification results in a risk for increased perception of odor and stuffiness.
皮膚の乾燥や、発疹、喉の渇き、鼻の乾燥や、充血は、加湿により緩和される。
一方、蒸気による加湿は、におい、風通しの悪さにつながる。




[3]繊維・衣服の濡れ、衣服内気候における湿度と快適さ

<コメント>
衣類が人間の肌にもたらす快適な湿度の範囲が研究されている。繊維による吸湿、吸水メカニズムについても解明が進んでいる。
湿度数値の計算、測定については研究が進んでいるが、肌に触る物質のどういう性質、パターンが人間の肌にウェットな湿った感覚をもたらすかについては、未解明である。

○衣服内気候
東洋紡webサイト
http://www.toyobo.co.jp/seihin/kaiteki/sports/ifukunai/ifuku1.htm


衣服内気候と快適域の関連
http://www.toyobo.co.jp/seihin/kaiteki/sports/ifukunai/ifuku4.htm

衣服内気候が快適であると感じる温度・湿度・気流の範囲は、それほど広くない。
 温度32±1℃
 湿度50±10%RH
 気流25±15cm/sec


環境要因(温度、湿度)、人体生理現象、不快感覚、不快感の解消方法(、製品名)のまとめ表↓
http://www.toyobo.co.jp/seihin/kaiteki/sports/index.htm




△繊維による吸湿、吸水感覚のメカニズム?
Li Y, Plante AM, Holcombe BV. The physical mechanisms of the perception of dampness in fabrics. Ann Physiol Anthropol. 1992 Nov;11(6):631-4.(生理人類学誌 The Annals of physiological anthropology)
→The detection of dampness in hygroscopic materials has been investigated both by subjective tests and by the application of a model of the physical mechanisms involved. Subjects were asked to rate the degree of dampness of a range of materials of different moisture contents after a short period of contact with the inner forearm. Skin and fabric inner surface temperatures were recorded. It was found that highly hygroscopic wool fabrics were perceived as being dryer and maintained a higher temperature at the skin surface than polyester, a less hygroscopic fabric, during fabric-skin contact. A physical model of the sorption/desorption process in hygroscopic materials has been developed from knowledge of fibre sorption kinetics and used to study the physical processes which take place at the skin-fabric interface during transient contact. These predictions agree well with the subjective responses and the measured temperatures.
高い吸湿性の繊維(羊毛)は、低い吸湿性繊維(ポリエステル)よりも、皮膚と接触したとき、よりドライで高い温度のように知覚される。繊維による吸収運動についての知見をもとに、物理的な吸収プロセスのモデルを開発し、皮膚と繊維との一時的な接触時の物理的な過程を解明するのに用いた。


△繊維の湿度感覚の測定方法
Sweeney, M. , & Branson, D.H. (1990). Sensorial comfort part I: A psychophysical method to assess moisture sensation in clothing. Textile Research Journal, 60(7), 371-377.
Sweeney, M. , & Branson, D.H. (1990). Sensorial comfort part II: A magnitude estimation approach for assessing moisture sensation. Textile Research Journal, 60(8), 447-452.
Plante, A. M., Holcombe, B. V., & Stephens, L. G. 1995, Fibre hygroscopicity and perception of dampness, part I: subjective trials. Textile Research Journal, 65, pp. 292-298.


○湿度感覚と衣類の上下
Lee, Wei Yung. umidity sensations in relation to moisture gradients between clothings.Chinese Medical Journal , 64 , 203-208 , 1946
(1) the moisture content between the layers of clothing is closely related to the wet-bulb temperature of the air with maximum amount of moisture found in the innermost layer and minimum in the outer garment; (2) with higher humidity sensations there was higher moisture content in the air next to the skin and diminution towards the outer garments.
→湿度は、内側の衣類のところで高く、外側の衣類では少ない。皮膚に直近の空気が湿度が高いと、濡れていると感じられる。


[4]日本・欧米文化比較論と対人関係での湿度

<コメント>
日本人の性格が、欧米に比べてウェットに感じられることが指摘されている。ただし、なぜウェットと感じられるかについての詳細は、明らかになっていない。

○ウェットな日本人
芳賀綏 「日本人と日本語-言語と民族性」 日本人の表現心理 1979 中央公論社 所収 p84-112

「日本人像のアウトラインは、さまざまの角度から日本人を見た内外の諸家によって、すでに、かなり周密・的確に描き出されている。それらを総合してみると、<<おだやかで、キメこまかく、ウェットで、女性的で、内気な>>ややスケールの小さい人間たちの集団-これが日本民族となりそうだ。」
「何事もドライにワリキルのは味気ナイしわざとされ、ものごとの輪郭を画定せず、ぼかしておきたがる。」
→日本人はウェットである。

○日本人の義理・人情
源了圓 「義理の構造-個別主義的社会の人間関係」 義理と人情-日本的心情の一考察 1969 中央公論社 所収 p26
「義理と人情はともにある暖かい、ウエットな性格をもった人間関係に根ざした心情道徳、ということになる」
→義理人情のもたらす感覚はウェットである。

○ヨーロッパでの日本人の振る舞いの湿っぽさ
西尾幹二 ヨーロッパの個人主義-人は自由という思想に耐えられるか 1969 講談社 所収 p95-96

「イギリスの観光地で、子供づれの日本人夫妻がくりひろげた行楽地風景が、その場にふさわしくない、奇異なものに感ぜられたのは、必ずしも日本人の「弱点」がさらけ出されたという意味ではないのである。われわれがコーヒーとケーキを食べ終わったところで、その子供づれの奥さんは、気立ての良いひとなのであろう、「あら、お盆はすぐ返さなければいけないらしいわ」といって、即座に自分の家族三人分のほかに、傍らにいた私のお盆もいっしょに下げてくれた。こういう場面にであったとき、自分のお盆だけを下げて、男一人でいる私のお盆を知らぬ顔をするのは、日本人の世界では、女性失格なのであるただ、その気立ての良さや優しさは、自分の目に見える、気のつく範囲のものにしか及ばない性格のものだから、自分の目にはいらない広い世界から自分がどう見られているかという意識の方はあまり発達しない。ヨーロッパ人ばかりの観光バスのなかで、自分たち一家がかもしだしているある特殊な湿っぽい雰囲気をこの奥さんは一度も意識したことはなかっただろう。」
→ヨーロッパでは、日本人のウェットな行動が、周囲から浮いて見える。

○アメリカ社会はドライ
松山幸雄 「他山の石とすべきこと」 「勉縮」のすすめ 1978 朝日新聞社 所収 p108-116

「アメリカ社会のあまりにドライな弱肉強食ぶりが、いまに日本に輸入されなければよいが、と思う。もちろん日本社会の温情主義、年功序列、終身雇用といった特殊体質は、ある程度国際化の波風にさらされて強化される必要があるが、しかしアメリカの競争制度は、日本のような狭い島国にはむかない。何しろ上下縦横、全員これライバル、といった感じで、男と男の友情、とか、先輩後輩のうるわしい交遊などというのは、なかなかお目にかかれない。」

→アメリカ社会は、競争的で、弱肉強食過ぎる。そこがドライに感じられる。


(c)2006 大塚いわお

ホームページへ戻る