「ドライ・ウェット」の国語辞書における定義


従来、「ドライ・ウェット」とは、どのような意味であると、捉えられてきたのでしょうか?
筆者の手元にある国語辞書を中心にまとめてみました。


●広辞苑 第4版 1991 岩波書店

ドライ 
1 乾いているさま。無味乾燥のさま。
2 物事をわりきったさま。感情的でなく合理的・現実的なさま。非情。

ウェット
情にもろいさま。感傷的なさま。


●日本語大辞典 1989 講談社

ドライ
1 水気のないさま。乾いているさま。
2 無味乾燥で、おもしろみのないさま。
3 けろりとしたさま。
4 (酒類の)辛口であるさま。

ウェット
義理・人情などにこだわるさま。感傷的なさま。

●大辞泉 1995 小学館

ドライ
1 水気がないこと。水分が少ないこと。また、そのさま。
2ア 風情などがなく、ありのままであること。また、そのさま。無味乾燥。
2イ そっけないこと。感傷・人情などに動かされないで、合理的に割り切ること。また、そのさま。
3 洋酒などの辛口。

ウェット
1 ぬれたり湿ったりしていること。また、そのさま。
2 情にもろいこと。またそのさま(英語ではsentimental)。

●現代用語の基礎知識 1997 自由国民社

ドライ
1 乾燥した。
2 アルコールの入っていない状態。
3 (和製用法で)割り切った直線的な生活態度、ものの考え方、行動の型。
4 辛口の酒。

ウェット
記載なし。


●新明解国語辞典 第三版 1981 三省堂

ドライ
1 乾いた。
2-1 世間一般のしきたりや生活感情にこだわらず、あっさり割り切って物事をする様子。
2-2 無味乾燥。おもしろくない様子。
3-1 会などで、酒の類を出さないこと。
3-2 甘味を加えていない洋酒の称。

ウェット
情にもろく、感傷的な様子。


(c)1997 大塚いわお

ホームページに戻る