○ドライ・ウェットな行動様式研究との適合性

例えば、ドライ・ウェットな行動様式の研究は、複数の粒子=人間の動きを同時に見ようとするものであり、社会を粒子の活動に還元する、要素還元アプローチに合致する。


2005-2006 大塚いわお

ホームページに戻る