○「文化ウィルス」との関連について

発明・発見者個人の頭の中で生まれ、人から人へと感染するのが、「文化ウィルス」(cultural virus)である。文化伝達や個人の社会化は、個人間の文化ウィルスの感染として捉えることができるという説が以前より存在する。これはインフルエンザの感染と同じであり、神経系への感染である。ニューロンの生体自体には影響を及ぼさず、ニューラルネットワークの形を変える形で作用する。文化ウィルスの広範な成員間での共有が、成員間に共通の認識を生み出し、社会の成立につながる。


2005-2006 大塚いわお

ホームページに戻る