◇思考・知識と神経系

1987-2006 大塚いわお


●思考野と知識野

従来の神経心理学においては、神経系の働きは、外部からの刺激を入力として受けとる感覚野、外部に対して能動的な出力を行う運動野があり、その2つの間を連合させるものとして連合野というのが考えられてきた。

しかし、筆者の考えでは、この連合野という考え方は、単に感覚・運動の両野を結びつけるものに過ぎず、その実体は、
(1)「知識野」感覚野から抽出された外界に関する経験・知識、および正確で効率のよい運動様式に関する経験・知識を蓄積するネットワーク型データベースとしての部分
(2)「思考野」ネットワーク型データベースとしての知識野の検索・内容照合・評価を行うと共に、知識野の中に見つからない事柄について、今までにない、離れたニューロン同士の結合を試行する部分

感覚野から入ってきた信号は、運動野にすぐに出ずに、しばらくの間頭の中をグルグル回ることが考えられ、そのグルグル回っている間に働くのが「思考野」および「知識野」であると考えられる。

「思考野」においては、従来の知識野に問題解決のための有効な結合が見つからなかった場合、今までに結合がなされていない新たなニューロン間に試しに結合を作り、実際にその結合を有効にしたらどのような成果が上がるかを予想・シミュレートし、その結果、ダメと出たら、結合を中止し、別の結合を試みる。一方、シミュレートの結果がOKと出たら、結合を仮確定する。運動野の働きを通じて、新規ニューロン間結合に相当する出力を外部に実際に出して、そこから他者の反応などのフィードバックを感覚野を通じて得る。フィードバック評価結果がOKだったら、新規ニューロン間結合を、新たに得られた有効な知識の一部分として、従来の知識野に組み込む。


●意思野(動機野)

実際には、この他、自分の進行方向を自主的に決定し、能動的な行動を起こす「意思(決定)野」ないし「動機(drive)野」のようなものの想定が必要であると考えられる。これは、思考や知識集積への動機付けに当たる部分である。生物としての人間は、生命維持のための行動を自主的に起こす(寒くなれば火を焚くなど)が、そうした自主性の源になる部分が、神経系の中に存在することを、何かしらの形で想定する必要が出てくる。これが、「意思(決定)」「動機drive」を担当する「野」に当たるのではないかと、筆者は考えている。


ホームページに戻る