◇基礎-神経社会学-

1987-2006 大塚いわお


◇行動の最小単位

●行動様式素子としてのシナプス

人間の行動は、神経系の働きがメインである。脳死(神経系の活動停止)を人の死とする考え方が普及した現在では、人間行動と社会構成などとの関連を考える上では、神経系だけ考えれば十分である、と考えられる。

人間の行動をつかさどる神経系は、ニューロン(神経細胞)の連鎖・網(ニューラル・ネットワーク)としても、捉えられる。人間個人は、巨大なニューロ・コンピュータとして捉えられる。

人間の心理は、ニューロン同士の相互作用の集合として捉えることができ、その点、心理学は、「ニューロンの社会学」と言うことができる。

行動(広義)は、脳神経系における、シナプスによって静的に結びついたニューロン配線上を、インパルスが動的に伝達する活動、と言える。

行動(狭義)は、感覚野-連合野-運動野と分化した脳神経系において外界と接する部分である、感覚および運動野のニューラルネットワークが、インパルスの伝達により活性化し、身体の外観上の動きとなったもの、と捉えられる。

思考は、脳神経系における、ニューロン配線上を、インパルスが動的に伝達する活動のうち、運動野を通って外部に出力されることなく、内部で持続し続ける分、と言える。

ニューロン回路は、活性化(インパルスの通過の有無)からの側面からは、
(1)活性的 インパルスが通る、発生する行動に対応している
(2)非活性的 インパルスが通らない、発生する行動に対応しない
に分類される。

人間の行動様式を、ニューラル・ネットワークの活動に還元して捉えると、行動様式を決定するのは、ニューロン同士の結合の連鎖のあり方であり、人間の行動を、ミクロな視点で分解しつくしたところの根源は、あるニューラル・ネットワークを、他の部分のニューラル・ネットワークとどのように結びつけるかを、決定する、シナプスにあると考えられる。

したがって、「行動様式素子(人間~生物の行動様式を、神経系内部で決定する最小単位)」に当たるのは、ニューロン同士の結合の正負・強さを司るシナプスである、と考えることができる。



◇社会との関連

●社会の2つの異なる捉え方

社会は、個人の神経系の働きに視点を合わせた場合には、各人の神経系システム同士のコミュニケーションによる結合・連携・連帯、ないし個々の神経系システム同士の相互作用として捉えることができる。そこでは、各人の神経系内部でのニューロン回路群が、周囲の他者の神経系から複写済の状態であると考えられる。

上記とは別に、社会は、各人の脳神経系システムの合計としての巨大な神経系システム=スーパー神経系として捉えることもできる。この視点では、個々人の神経系システムを一つの大きな全体社会という「るつぼ」の中に融合している。すなわち、全体社会は、巨大な感覚野、連合野、運動野からなる一個の統合されたニューラルネットワーク、ニューロコンピュータであると考えるわけである。

こうした視点の違いから、社会の捉え方は、

a.視点がミクロかマクロか
(1)視点が社会を構成する個々人毎の神経系の活動に向いている捉え方
(2)視点が社会全体を鳥瞰する捉え方

b.個人と社会を分けるか分けないか
(1)個人と社会を互いに別物として区別し対立させる方式
(2)個人を社会(という巨大神経系システム)の中へと一体・融合化させて不可分のものとして捉える方式

という2通りがある、と言える。

ミクロな社会の捉え方では、個人の神経系の働きを中心に考え、社会は神経系同士の連結機能を持つに過ぎないと捉える場合と、個々人の神経系間のやりとり・相互作用が行われている状態としての社会に焦点を当てる場合とにさらに分けられる。

マクロな社会の捉え方では、文化は、個々人の神経系同士の統合体としての社会による産物と考えることができる。新たな文化生成は、全体社会という巨大神経系システムの中での、部分ニューロン回路の新規生成という出来事として捉えられる。生み出された文化が流布・拡大する現象は、全体社会中の当該文化に該当するニューロン回路が強化される(太く丈夫になる、回線数が増える)ことに対応する。



ホームページに戻る