◇社会的分業と神経系-ミクロ神経社会学-

1987-2006 大塚いわお


●機能、職業とニューロン回路

同一機能を果たしている人、同一職業に就いている人は、互いに、同じ作りのニューラル・ネットワークを共有している、ないし、自らが内蔵するニューラル・ネットワーク構造が同じである(ないし近似している)と考えられる。


人々が生存していく上で重要な機能を担当するニューロン回路の持ち主は、より社会的に重んじられ、地位が高いと言える。



●社会的分業とニューロン回路

分業についている人同士は、互いに異なるニューロン回路を持っている。しかし、互いに異なるニューロン回路を持っているからといって、彼ら同士が、互いに無関係な訳ではない。

分業についている各人のニューロン回路は、互いに、他の人が持ち合わせていない、人間の環境適応上の行動様式に対応している。その点、各人のニューロン回路は、互いに他の人が持ち合わせていない回路を提供し合うことを考慮に入れており、その点、相補的であり、互いに関連している。

各分業についている人々のニューロン回路を足し合わせることで、人間の環境適応に必要な全ての(行動面での)機能が揃い、ひとまとまりの巨大でオールマイティな神経系が出来上がる。これが、全体社会である。


●ニューロン配線の疎密と専門性

ニューロン配線は、
(1)高密度(密)
(2)低密度(粗)
の2通りがあり、これは、ニューロン配線の持ち主の、特定分野への専門化の程度を示している。

密である場合は、ニューロン配線の持ち主は、配線が対応する分野について、詳しく知っている。細かいところまで、自分のものにしている。きめ細かな対応ができる。その分野の専門家である。

粗である場合、ニューロン配線の持ち主は、配線が対応する分野について、大雑把なことしか知らず、大まかな対応しかできず、素人である。

人によるニューロン配線の粗密に関する相違が起きるのは、人々の間で分業が起きていることを示す。各人の持つニューロンの数には限界があり、一人で全ての分野に精通する=全ての分野でニューロン配線を密にすることはできない。従って、人毎に、ニューロン配線密度の高い分野を異ならせ、自分のニューロン配線の密度の低い分野について、ニューロン配線密度の高い他者に助けてもらうようにする必要がある。

まだ成長過程にあり、基礎的な学習に真っ最中の子どもの場合、ニューロン配線は基幹的なもののみであり、比較的粗いと考えられる。学習が進むに従って、基幹的なニューロン配線から枝分かれする形で、より、専門的能力に見合った詳細な配線が形成されると考えられる。

また、社会的地位が低い人は、往々にして、充実した社会生活を送るのに必要な行動様式=ニューロン回路の獲得ができておらず、その点、能力に欠ける。あるいは、所持しているニューロン回路が、例えいくら詳細、専門的であっても、他の人々の役に余り立たない無益な、あっても意味のないものになっている(大学院博士のフリーターみたいに)。


ホームページに戻る