◇文化と神経系 -ミクロ神経社会学-

1987-2006 大塚いわお


●学習とニューロン回路の可塑性

ニューロン間の結合は、学習の観点から見た場合、
(1)固定=本能(遺伝)
(2)可塑=文化
の2通りがある。

本能は、脳神経系における、ニューロン間の静的配線のうち、先天・遺伝的にできた不可塑部分(学習によっては変わらない部分)と言える。
これに対して、文化は、脳神経系における、ニューロン間の静的配線のうち、後天的に可塑してできた部分(学習によってできた部分)と言える。
学習は、ニューロン配線が可塑することと言える。


●ニューラルネットワーク・トポロジー

ある人の神経系における、ニューラルネットワークの全体的形状、幾何、トポロジー(Neural Network Topology)=多数のニューロン同士の結合の連鎖によってもたらされる巨大な(ニューラル)ネットワークの形状パターンが、その人の外界認識のあり方や、神経系の機能、社会行動を含む行動パターンを決定する。

人間の行動パターンを決定するニューロン回路のうち、予め遺伝的に決まっている部分が生得回路であり、一方、学習によって決まる部分が学習回路である。

回路の見方においては、従来、あるニューロンの発火は、他の全てのニューロンの発火との相対的な関係によってその意味が決まるとする見方がある(マッハの原理)。あるいは、各ニューロンの発火が外界のある特定の刺激(色、形状・・・)に対応しているとする見方がある(反応選択性)。

これに対して、全体神経系として組成、構築された巨大ニューラルネットワーク組成体における、各ニューロンの占める相対的ないし絶対的位置、部位を重視し、神経系全体=全ニューラルネットワーク中のそのニューロンの占める位置、部位によって、そのニューロンの持つ意味や、そのニューロンが外界のどのような刺激に特定的に反応するかが決まるとするのが、ニューラルネットワーク・トポロジーの考え方である。

●文化内容=神経回路幾何学パターン

学習によって後天的に獲得された行動パターンとしての文化は、ニューロン回路の3次元形状=幾何学パターンとして表すことができると考えられる。

その場合、おそらく、基礎的なニューロン回路パターンは、有限個であり、あらゆる文化は、それらの基礎ニューロン回路パターンの組み合わせによって表現可能なのではないかと考えられる。

それは、例えば、日本文化が、有限個の日本語単語の組み合わせによって、いくらでも新たな内容を表現可能なのと同様の考え方である。

その点、あらゆる文化の基盤となる基礎的なニューロン回路の幾何学パターンを洗い出すことが、神経系と文化との関連のあり方を解明する上で、きわめて重要 である。

新たな文化は、既存のニューロン回路の幾何学パターンに新たに加わった変形、変異、ないし今までにない回路の新規追加として表される。

上記の考えは、不可塑なニューロン回路に当たる本能的行動パターンの解明にも応用可能である。

上記の考えの背景は、以下のようにまとめられる。

人間の取る(本能的、および後天的)行動パターンは、有限個の基本的な行動パターンの組み合わせによって表現でき、あらゆる行動パターンは、個々の基本行動パターンへと還元可能である。そうした基本行動パターンに対応する基本的なニューロン回路幾何学パターンが、神経系の中に、予め(本能)~後天的学習によって(文化)、存在する。神経系全体は、そうした基本的な回路パターン同士を、ブロックのように互いに結合させ、積み上げていくことで成り立っている。


●文化素子=可塑的シナプス

文化を、従来の社会学での定義にのっとって、「社会集団内における、各成員の後天的に形成された行動のパターン(行動様式)」と捉えるならば、「文 化素子(後天的な学習による行動様式決定の最小単位)」に当たるのは、ニューロン同士の結合の正負・強さを、可塑的に司るシナプスである、と考えることが できる。

ニューロン回路における、シナプスによる可塑的かつ静的な結合が、文化であり、その上をインパルスが走ることで、動的な後天的学習行動が生まれる。

●「ミーム」概念との関連

従来の生物学では、遺伝子が、環境による淘汰の対象として捉えられる。この場合、遺伝子自身があたかも利己的な意思を持って、自らの複製をできるだ け広範囲に流布させ、かつ永続させようとする性質を持っているかの如く考えることができる。この性質は「利己的遺伝子」という言葉で表現されてきた。

この遺伝子が持つ性質が、人間の文化にもそのまま当てはまる、と考える説がある。すなわち、人間文化の最小単位を「ミーム」という言葉で捉え、この 「ミーム」が、自らを、できるだけ多数の人間の中に複製させて、増殖し、生き延びようとする性質を持っている、と見なすものである。

上記の「ミーム」についての説明に、「文化素子=可塑的シナプス」という考え方を、当てはめて考えると、「ミーム」の実体は、可塑的シナプスない し、それを含むニューロン回路である、と考えることができる。
 

●文化の所在位置

人間文化は、各人の神経系の中に分散して存在する。あたかも外部に独立して見える風景、建物、書籍などは、実際は全て、人間内部の神経系活動(情報 処理etc..)の産物であり、その点、人間文化は、各人の神経系内部にのみあって、外在しない、ということができる。同一の内容(文章、音楽等)も、神 経系のあり方が互いに異なる個人同士が見聞きしたときには、まったく違ったものに見える(聞こえる)可能性を否定できない。

人間の文化は、脳の中にのみ存在する。一見人間の体外に存在するように見えるテレビ画像や、携帯電話のハードウェアなどは、全て人間の脳の視覚や触 覚の働きによって初めて捉えられるものである。
 

●文化の流布

人間の文化は、具体的には、行動様式を示すニューラルネットワークの形を取って、生きた複数の人間の脳の中を、次々と人間同士のコミュニケーション によって、渡り歩いていく形で流布する。言い換えれば、文化は、人間行動の一定のパターンに対応するニューロン回路として、一方の人間の脳から他方の人間 の脳へと、コピーされていく。現代では、こうしたニューロン回路パターンの脳から脳へのコピーが一瞬のうちに、主に通信・放送メディアを媒介として、数千 万~数億の人間の間で効率的に行われるようになっている。複数脳神経系システム間を横断する形で分布する、ニューロン回路としての文化は、各人の脳の配線 に共通性を生み出し、人間同士の共感や心理的連帯のもとになる。

行動様式、文化に相当するニューロン回路の内容が、体外の金属やプラスチック、電気などに刻印されて市場に流通し、それを受け取った他の人間の脳に おいてその刻印の内容分析・解釈=刻印に対応するニューロン回路の新規構築が行われ、新規のニューロン回路として、受け取った人間の脳の中で再生される。 これが、独創的に生み出された文化が、複数の人間の脳の間を経て広まっていく過程である。
 
 


ホームページに戻る