◇コミュニケーションと神経系-ミクロ神経社会学-

1987-2006 大塚いわお


●コミュニケーションとニューロン回路のコピー

コミュニケーションは、一般には、一方の人間から他方の人間への情報やメッセージの伝達とされる。これを、ニューラル・ネットワークの視点から見た場合、コミュニケーションは、一方の人間から他方の人間へのニューロン回路のコピー、ないしニューロン回路の双方向のやりとりと考えることができる。情報伝達をした者(送信者)と、された者同士(受信者)は、互いに同一のニューラル・ネットワークを共有すると考えられる。2人以上の間での、ニューロン回路のやりとりが、コミュニケーション行動の実態である、と考えられる。

●メディアとニューロン回路内容の外部「刻印」

ニューロン回路は、生体内でのみ有効である。ある人間が持つニューロン回路を、別の人間にコピーするには、いったんニューロン回路の示す内容が、生体の外に出る必要がある。一方の人間と、他方の人間とのニューロン回路のやりとりをするために用いられるのが、メディアである。メディアは、物質的なものであり、2者間でのニューロン回路コピーを媒介するものである。一方の人間は、ニューロン回路の内容(コンテンツ)を、他方の人間が、正しくコピー可能なように、生体外部の物質に「刻印」する。他方の人間は、一方の人間がメディアに「刻印」された内容をもとに、自分の頭の中で、刻印内容に対応するニューロン回路を新たに生成したり、(既に学習済の場合は)再活性化したりする。
 

●情報の概念

情報は、生体外部の物質に「刻印」された、生体の五感によって感知可能な、何らかのパターンである。例えば、リンゴの果実は、人間の視覚には赤色、嗅覚には、食欲をそそる匂いなどをもたらす。それは多くの場合、生体の生死に関わる内容を持っている。生体は、存在する情報に対応するニューロン回路を、その都度生成・再活性化する。
 

「刻印」された情報が有効に機能する(送り手から受け手に伝わる)ためには、情報を外部物質に「刻印」する側と、「刻印」された情報内容を受け取る側とで、共通のニューロン回路を持っている必要がある。例えば、「りんごはおいしい」という情報を、一方から他方へと伝えようとする場合、送り手も受け手も、日本語のひらがな文字列「りんご」「おいしい」についての共通の知識・了解=共通のニューロン回路を持っていない(例えば日本語を知らない外国人の場合)と、正しく意味が伝わらない、すなわち、「りんご」と「おいしい」との間を結びつけるニューロン回路の正しいコピーが起きない、と考えられる。

理解は、他者が、生体外部の物質(紙のノートなど)に刻印した内容に対応するニューロン回路を、自分の頭の中に新規に正しく生成・構築できたことを示す。言い換えれば、理解とは、一方の個体から、他方の個体へと、ニューロン配線の特定パターンの正確なコピーが起こること、と言える。誤ったコピーの場合は、誤解ということになる。
 

●マス・コミュニケーションとの関連

テレビなどのマス・コミュニケーションは、送り手自身のニューラルネットワーク内に内蔵するニューロン回路を、多数の人々のニューラルネットワークに対して、一斉に伝染・伝播させる。
 


ホームページに戻る