陰湿さについて

2006.07 大塚いわお



陰湿さは、暗さ (陰)とウェットさ(湿り)の合体、合成した感覚である。

日常生活においては、水たまりとかは、暗いところでは、日光が当たらないので、乾きにくく、いつまでもウェットな液体の水のままであり、明るいところでは、日光が当たって乾き、ドライになるという関係がある。

要は、明るい=ドライ、暗い=ウェットという関係が成り立つ。


陰湿さは、次の複数の要素からなると考えられる。

(1)[ウェット]相手に対して、ベタベタ粘着的であり、繰り返し頻繁にネチネチしつこく働きかけを行う。

(2)[暗い]相手に対して、相手にとってマイナス、ネガティブ、逆機能なことをする。いじめ、いやがらせのように、相手がいやがることをする。

(3)[暗い]非合法なこと、やったことを表に出すと非難されること、やってはいけないとされることを行う。暴力行為、金を奪う行為、強姦等の人権侵害行為を行うとかいうのがそれである。

(4)[暗い]裏でこっそり隠れて行う。秘密にする。表に出さない。表面的には、いいこと、何でもないことをしているように振る舞う。表面をきれいに飾りたてて、見た目には問題ないように見せかける。あるいは、表面的には仲のいい振りをして、裏で陰口を叩く。




こうした対人関係の陰湿さは、高湿度で、湿気でジメジメした日本の社会風土、ムラ社会では、会社でも学校でも普通にみられることであり、日本文化の特徴であるといえる。

また、対人接触を頻繁に行い、表面をきれいに飾ることが好きな、女性的な特徴であると見ることもできる。



2006 大塚いわお

トップページ(明るさ・暗さ)に戻る
トップページ(ドライ・ウェットさ)に戻る